特徴紹介|乳幼児健診 予防接種 成長障害 小児糖尿病 電話再診|こんだこども医院 千葉市 緑区 おゆみ野中央

当院の特徴紹介

乳幼児保健外来

未就学児専用の健康診断、予防接種の時間です。

月・火・木・金 14:00〜15:00

当日朝9:00から、専用電話にて予約をお受けします。
TEL 043−291−3161

※鼻水、咳などがある場合は、一般外来をご利用ください。
※母子手帳を必ずお持ちください。
※保健センターの健診業務などで院長が出張の日は、保健外来はお休みです。

一般外来の時間帯で健診や予防接種をお受けになることはできます。その場合、通常の順番予約をお取りください。

自費診療料金表はこちら → 

 千葉市内にお住まいの方県内で千葉市外の方
乳幼児健診自治体による健診は無料。それ以外は有料。
母子手帳、健診票(無料券)、千葉市健診は問診票を持参。




事前予約不要
(お薬は常時あります)
※子宮頸がんは要予約
居住地の自治体へ事前に届出が必要。
4日前までに医院にも薬剤取寄せの予約を。

B型肝炎・Hib・肺炎球菌・おたふく・水痘以外は3〜4日前までに取寄せ予約が必要です。インフルエンザは指定の時期に予約方法の確認をしてください。

保健外来利用については上記以外に別途、当日の時間指定予約が必要です。一般外来の時間帯を利用する場合は、当日の順番予約もお願いします。

内分泌専門外来

低身長、思春期の遅れや早発、甲状腺疾患、小児糖尿病などを専門に診察する時間です。

予約制(初めての方はお電話下さい)

【成長障害】
成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホルモンの分泌異常によって起こる様々な病気があります。
通常の診察で低身長に気付くこともあるため、当院では3ヶ月毎に診察前の身長体重計測をします。
※初めてのご相談の際には、母子手帳や過去の身長体重の記録をできるだけ多くお持ち下さい。

【小児糖尿病】
当院では、通常のインスリン治療や自己血糖測定の指導の他、CSII(ポンプ療法)やCGM(持続血糖測定)も導入し、よりよい血糖コントロールを目指した診療を行っております。

薬剤感受性検査



発熱などで細菌感染が疑われて抗生物質を処方する場合、どのような細菌が原因となっているのかを探り、最も適切な薬剤を使用するために、原則として「細菌培養検査」を行っています。
その際、どの種類の抗生剤がその菌に対して有効かを調べる「薬剤感受性検査」が追加されます。料金が発生する場合には後日精算となりますので、症状がよくなっても培養検査の結果とご精算の有無は必ず確認してください。

電話再診についてのお願い



患者さんからお電話で、現在療養中の病気についてのご質問をいただいた場合、内容次第では健康保険法による「電話再診料」を算定させていただくことがあります。
自己負担分については次回ご来院時に精算となりますので、どうぞご了承のうえお電話いただきますよう、お願いいたします。
なお、他の医療機関で処方されたお薬のご相談などに応じることは難しい場合もあることをご承知ください。

当院の特徴紹介

乳幼児保健外来

未就学児専用の健康診断、予防接種の時間です。

内分泌専門外来

低身長、思春期の遅れや早発、甲状腺疾患、小児糖尿病などを専門に診察する時間です。

薬剤感受性検査

電話再診についてのお願い


このページのTOPへ